Title Image

医師・研修医の方へ

医局員・大学院生・研修医を募集しています。

広島大学大学院麻酔蘇生学では仲間を募集しています。

現在、スタッフ・大学院生を中心に臨床・教育・研究に一丸となって取り組んでいます。麻酔科専門医、サブスペシャリティ専門医、医学博士の取得などを積極的に支援しています。出身大学、研修先、現勤務地にこだわることなく、興味があればご連絡ください。

広島市は人口100万人を超える中四国最大の都市であり、国際的にも知名度の高い平和都市です。

また、広島県は「安芸の宮島」と「原爆ドーム」の2つの世界遺産があり、広島大学病院は広島カープのMAZDAスタジアムが近くにあります。この恵まれた環境で一緒に活動してみませんか。

広島大学麻酔科専門研修プログラム

患者に安全で安心な質の高い麻酔を提供できる 麻酔科専門医を育てます。

「広島大学麻酔科専門研修プログラム」では、広島大学病院を中心に広島県内の各関連病院の特徴を生かした研修を通して、麻酔管理全般と救急・集中治療、ペインクリニック、緩和医療など麻酔専門医として必要な知識・技術を全て網羅できるプログラムとなっています。

また、大学病院だけでなく、様々な状況に対応できる能力を養うため、研修連携施設での研修も行います。

先輩メッセージ

森尾 篤
2013年入局

「この雰囲気をまずは実感してほしい!」

大学の医局に所属するメリットを3つ挙げるなら「臨床」「研究」「人間関係」。これらがとても充実し、様々な刺激を受けられることではないでしょうか。さらに関連病院含め、経験豊かな多くの上級医との交流は医師としての成長に不可欠かと思います。人間関係や堅苦しいといったイメージがありますが、そんなことはなく、話しやすい、相談しやすいといった自由な雰囲気があり、一度立ち寄っていただければ必ず実感できると思います。ぜひ、麻酔、広大麻酔科に興味を持って、まずは医局説明会に足を運んでもらえたらと思います。

私は広島大学を2011年に卒業後に、広島大学病院での2年の研修を経て、広大麻酔科に入局しました。入局1年目は計8人の同期とともに、広大病院で研修を行いました。その後医局の関連病院である中国労災病院、安佐市民病院で働き、大学院入学のために帰学しています。 関連病院では、病院ごとに行われる手術も特色があり、麻酔法、設備も違い、様々な経験が積めたと感じています。今となってはできるか自信がないですが、無数にこなしてきた骨が高度に変形した超高齢者の脊麻、硬麻等も良い経験だったと思います。関連病院での救急、ICU当直では多様な救急疾患への知見、対応も経験できました。

現在は大学院生として臨床、研究を半分ずつできる自由で充実した毎日を送っています。この雰囲気を体感いただくため、みなさんのお越しをお待ちしております。

野田 祐子
2015年入局

「最先端医療の先にあるもの」

ここにいると感じること。それは仕事に対するやりがいであったり、情熱であったり、居心地のよさであったりする。温かい優しさ、熱い好奇心。

経験豊富な先生方からの丁寧な指導、最先端の手術麻酔の経験から、自分が自らの役割に充実感と達成感をもちながら進化していくのを感じる。

手術麻酔をはじめとし、緩和やペイン、集中治療など様々な分野から全身管理の奥深さにふれる。研究面では「まだ誰もみたことのない」新しい発見にも出会える。臨床・教育・研究というあらゆる面からの刺激に毎日がドラマティカルに動いてゆく。最先端医療の先にあるもの、それはここにある熱源から導き出されるに違いない。

竹野 典子
2018年入局

「自分にできることがたくさんある」

広島大学病院では一般麻酔症例はもちろん、最新のカテーテルでの心臓手術をはじめとし、肝腎移植や、覚醒下での開頭手術など新しい治療が取り入れられています。麻酔法ひとつにおいても、例えば末梢神経ブロックでは外部講師を招き様々な手法を学ぶことも出来ます。

さらに、手術麻酔だけでなく、術後鎮痛や集中治療、ペイン・緩和といった多岐にわたる分野の中で、少しずつ興味があるものを勉強することもできます。私は集中治療や心臓麻酔に興味を持っていますが、先生方のご指導のおかげで日本周術期経食道心エコーの試験に合格することが出来ました。気がつけば自分で出来ることが増えており、それを指導医の先生方が褒めて下さいます。とても恵まれた環境で働いていると感じています。

関連病院での研修も、指導医の先生方が温かくご指導くださいます。私は入局初年度、JA広島総合病院麻酔科で勤務していましたが、市中病院ならではの様々な症例を丁寧な指導のもとで経験することができました。

来年度からも新しい入局員の先生がたくさん増え、一緒に頑張れることを嬉しく思うとともに、広島大学麻酔蘇生学教室で、少しでも患者様の役に立てるよう日々頑張っていきたいと思います。

中川 亜耶
2018年入局

「いきいきとした女性医師に憧れて」

麻酔科は女性医師も多く、先輩方が生き生きと働いている姿をみて憧れるようになりました。入局説明会などにも参加しましたが、今後の働き方など親身になって相談に乗っていただき、とても心強く感じました。さらに初期研修病院で先生方に声をかけていただき、麻酔科への入局を決めました。

大学病院では多くの診療科がそろっており、専門医を取得するために必要な心臓血管外科麻酔や小児麻酔など特殊な症例経験もしっかりと積むことができます。また上級医の先生方からのサポートも充実した環境であり、麻酔科医として日々ステップアップしていくのを実感しています。

麻酔科は実際に体感してみて面白さが分かる科だと思うので、一度見学に来てください。生き生きとした輝く女性医師たちに出会えることでしょう。

池田 豪
2019年入局

「麻酔科イコール気難しい?」

麻酔科ときくと「気難しい人間の集まり」と想像するのは数年前までの私だけではないと思います。けれども現在麻酔科専門研修中の私には毎日が非常に楽しく、気難しさとは対局にある環境で充実した明るい毎日を過ごしています。広島大学麻酔科の先生方は優しく相談もしやすく、指導医の先生のもとで日々多くの症例を経験しながら楽しく研修をしています。

私は広島の市中病院で初期研修を終え、広島大学病院で麻酔科専門研修を開始しました。広島大学のプログラムでは基本的に1年目は皆、広島大学病院で研修をスタートします。同期と一緒に仕事をするので互いに助け合いながらともに成長することができます。

大学病院はなんといっても症例が多く様々な症例を経験できます。麻酔科専門医になるには心臓血管外科の麻酔など経験しなくてはならない症例がありますが大学病院でこれらもたくさん経験することができました。2年目以降は関連病院での勤務がきまっており、次は関連病院でしか経験できないような症例を経験させていただけると今からとても楽しみです。

塚本 万瑠美
2020年入局

「全身管理の魅力」

全身管理をする診療科に魅力を感じていた私が初期研修でローテートしたのが麻酔科。手術麻酔の幅の広さ、患者さんそれぞれにあった麻酔管理の奥深さを肌で感じ、全身管理に対する興味がより一層強くなった。

単に麻酔科といっても、手術麻酔やSICUでの集中治療、ペインクリニックや緩和医療と入局後の幅が広い。そしてなんといっても指導医の先生方は優しく、指導熱心な方ばかりなのも大きな魅力だった。

現在は主に手術麻酔を経験している。大学病院では幅広い症例経験が可能で、毎日さまざまな症例を経験できる。難しい症例も多々あるけれど、必ず指導医がバックアップしてくださり、どんなときも相談しやすく、恵まれた環境であると痛感する。

私はふるさと枠医師で、将来中山間地域で地域医療を支える一員となる予定だ。今はまだ手技、手術麻酔計画・管理など経験も未熟で大変なことばかりだけれど、これからも一つ一つの症例を大切にし、日々精進していきたい。

森島 智美
2018年入局

「働きがいと働きやすさ-ママ女医と麻酔科-」

私は医師6年目で縁あって広島に来ました。保育園児の娘がいる所謂ママ女医です。今は子どもが小さく、当直等の勤務が難しいため、週5日の日勤帯のみで勤務させてもらっています。

勤務時間は限られていますが、その中でも珍しい症例や重症患者の緊急症例など様々な麻酔を経験するチャンスも多く、麻酔についての知識や技術をレベルアップすることができていると実感しています。

そして広島大学麻酔科はママ女医が多いので、仕事のことだけではなく、家事や育児のことなど気軽に相談したり、情報交換ができる方達が近くにいることはとても心強いです。休憩時間にお菓子を食べながらママ女医同士でおしゃべりする時間は、ストレス発散にもなっています。

保育園行事や子どもの急な発熱などでご迷惑をおかけすることもあるのですが、医局の先生方がフォローしてくださるのでとても助かっています。

家庭と仕事の両立はなかなか難しいですが、広島大学麻酔科はママ女医でも働きやすい環境だと思います。

広島大学麻酔蘇生学 関連病院

病院名 特徴 病院名 特徴
 広島大学病院 高度先端医療行為を行う特定機能病院  県立広島病院 新生児を含む小児麻酔症例が豊富
 広島市立安佐市民病院 ICUを運営、救急・麻酔研修が充実  広島赤十字・原爆病院 ペインクリニック・緩和ケアの研修も可能
 土谷総合病院 心臓血管手術の麻酔が充実  呉医療センター 幅広い麻酔管理研修に加え、研究施設が併設
 中国労災病院 ペインクリニック・ICU研修も可能  東広島医療センター バランスの取れた麻酔管理研修が可能
 JA尾道総合病院 ペインクリニック・各種神経ブロックの充実  JA広島総合病院 幅広い麻酔管理研修が可能
 市立三次中央病院 ふるさと枠医師の中山間地域等指定医療機関  マツダ病院 バランスの取れた麻酔管理研修が可能
 JR広島病院 整形外科手術の麻酔が豊富  広島市立舟入病院 小児麻酔症例が豊富
 中電病院 整形外科手術の麻酔が豊富  JA吉田総合病院 ふるさと枠医師の中山間市域等指定医療機関
 広島県立身体障害者
リハビリテーションセンター
整形外科手術の麻酔が豊富  広島西医療センター 地域医療に密着した医療を提供

マップを読込み中 - しばらくお待ち下さい...

広島大学病院: 34.379500, 132.478030
県立広島病院: 34.366950, 132.466500
広島市立安佐市民病院: 34.506100, 132.515670
日本赤十字社 広島赤十字・原爆病院: 34.380840, 132.454320
土谷総合病院: 34.390350, 132.451320
国立病院機構 呉医療センター・中国がんセンター: 34.239490, 132.565650
中国労災病院: 34.230070, 132.613570
国立病院機構 東広島医療センター: 34.448290, 132.723300
JA尾道総合病院: 34.407190, 133.176340
A広島総合病院: 34.344280, 132.323150
市立三次中央病院: 34.782030, 132.867700
マツダ病院: 34.378060, 132.504440
JR広島病院: 34.401140, 132.477850
広島市立舟入病院: 34.386030, 132.439790
中電病院: 34.388430, 132.452470
JA吉田総合病院: 34.664180, 132.701720
広島県立身体障害者リハビリテーションセンター: 34.393050, 132.724440
広島西医療センター: 34.251120, 132.224440