学会・研究会 Tag

2021年2月20日にDAMセミナーが開催されました。
コロナ禍で、インストラクター・参加者共に感染対策を行ったうえでの開催となりました。

 

2021年2月27日に周術期管理セミナーをWebにてライブ配信いたします。対象は主にNs、CE、その他すべての医療従事者です。申込期間は2月21日までとなっています。

監修:堤保夫(広島大学)、田中克哉(徳島大学)

主催:コヴィディエンジャパン株式会社

 周術期管理の基礎知識セミナー

2021年の中国・四国支部学術集会は広島大学・堤保夫が学会会長を務めます。当初は9月4日に広島コンベンションホールで開催予定でしたが、COVID-19の感染拡大に伴い完全WEB開催となりました。会期は2021年9月4日から10月4日までとなっております。
https://anesth-branch2021.org/

会長挨拶を更新しています。
https://anesth-branch2021.org/users/greeting/chugoku_shikoku

今回が5回目、2021年2月6日に予定されていました末梢神経ブロックセミナーですが、緊急事態宣言も発令される状況を鑑み、中止とさせていただきます。

2021年1月23日に開催を予定しておりました「第66回広島麻酔医学会」は、中止とさせていただきます。
今年度は、日本麻酔科学会第67回学術集会をはじめ、多くの学会が中止・延期・Web開催となっております。このような状況をふまえ、今年度の広島麻酔医学会の中止を決定いたしました。

来年度の日本麻酔科学会第68回学術集会はハイブリット開催、広島が会長の支部学術集会はWeb開催が決定しております。コロナ禍での学会様式にも段々と順応してきつつあります。どのような開催様式になるか分かりませんが、来年度の広島麻酔医学会は必ず開催したいと思います。

皆様のご協力をよろしくお願いいたします。

 

第66回広島麻酔医学会会長 堤保夫

2020年9月26日(土)に開催を予定しておりました「第8回広島麻酔集中治療フォーラム」は、開催に向け準備を進めてまいりましたが、未だCOVID-19の今後の影響が予想できない現状を踏まえ、中止とさせていただきます。

会場 広島大学霞キャンパス

 

2019年度麻酔科エキスパートセミナーが開催されました。今回は「研修医エキスパートセミナー in anesthesiology」と題し、初めて初期研修医のみを対象としたエキスパート育成のためのセミナーを実習形式(5題)のみで開催しました。

今回は新たな試みでしたが、17名の初期研修医が参加し、盛況であったことから今後は、これまでの試みと今回の試みを融合させた形でエキスパートセミナーを継続していきたいと考えています。

詳細はこちら→「ふるさとドクターネット広島」



会場 TKPガーデンシティ広島

第65回広島麻酔医学会が開催されました。今回は檜高育宏先生(ひだかペインクリニック)の「痛みのプライマリケア」、および西岡憲吾先生(国境なき医師団)の「中電病院定年退職後、国境なき医師団の医療援助活動に参加して」を特別講演として、天谷文昌先生(京都府立医科大学)の「非がん性慢性疼痛と術後慢性痛」をランチョンセミナーとしてご講演いただきました。

また、一般演題として18演題について活発な議論を行いました。