Author: huanesth0226

広島大学麻酔科では森脇克行および大下恭子が翻訳を担当し、国際疼痛学会(International Association for the Study of Pain: IASP)のウェブサイトに掲載されている「IASPの慢性疼痛症候群の分類/定義」を和訳いたしました。

またWHOのICD-11 ウェブサイトの該当部分を追加して翻訳いたしました。

さらにIASPが再定義した「痛みの定義」(Pain 161: 1976-1982, 2020. doi: 10.1097/j.pain.0000000000001939)を日本疼痛学会理事会の翻訳を一部引用して追加翻訳しています。

この新しい分類と用語の定義を学ぶことは、臨床医だけでなく、さまざまな職種のヘルスケアプロバイダー、医療行政に携わる人々、そして将来を担う学生にとって重要であるとともに、この翻訳が我が国におけるIASP慢性疼痛分類の理解と普及,ひいては慢性疼痛のより良い治療とケアに資することができることを願っています。

 

佐伯昇先生の発案にて県内企業と共同開発し、新型コロナウイルス患者による飛沫感染から医療従事者を守るための
使い捨てエプロン「飛沫プロテクタ」を商品化しました。

飛沫プロテクタは袋状の透明シートをエプロンのように医療従事者の首に掛け、寝かせた患者の頭にかぶせることで、飛沫感染から医療従事者を保護する仕様です。両側の筒状の部分に腕を差し入れて作業することができ、麻酔導入・覚醒時など飛沫やエアロゾルが発生する場面で特に有用と思われます。

https://www.hiroshima-u.ac.jp/news/63545(広島大学HP) 
https://hre.bz/movie/index.html(株式会社エイチアールイーHP)

https://www.youtube.com/watch?v=9V0SLnxG32Q(動画)

2021年2月20日にDAMセミナーが開催されました。
コロナ禍で、インストラクター・参加者共に感染対策を行ったうえでの開催となりました。

 

2021年2月27日に周術期管理セミナーをWebにてライブ配信いたします。対象は主にNs、CE、その他すべての医療従事者です。申込期間は2月21日までとなっています。

監修:堤保夫(広島大学)、田中克哉(徳島大学)

主催:コヴィディエンジャパン株式会社

 周術期管理の基礎知識セミナー

詳しくはリンクをクリックしてご確認ください。

第66回広島麻酔医学会の開催予告
DAMセミナー2022の参加募集
第5回広島末梢神経ブロックセミナーの参加募集

今回が5回目、2021年2月6日に予定されていました末梢神経ブロックセミナーですが、緊急事態宣言も発令される状況を鑑み、中止とさせていただきます。

著書・論文など

〈総説・原著・症例報告〉

Tsutsumi YM, Kakuta N, Kawanishi R, Tanaka K, Kanzaki R, Morio A, Noda Y, Miyoshi H, Kondo T, Mukaida K. Malignant hyperthermia in a 16-day-old infant with congenital diaphragmatic hernia: a case report. J Anesth 35: 311-314, 2021.

 

Yasuda M, Moriawaki K, Tsutsumi YM. Concurrent positive skin tests to prophylactic antibiotics and rocuronium in two patients with life-threatening anaphylaxis after induction of anesthesia. JA Clin Rep 7: 37, 2021.

 

Morio A, Miyoshi H, Saeki N, Toyota Y, Tsutsumi YM. Acute-onset paraplegia as an unexpected complication under general anesthesia in supine position during abdominal endovascular aneurysm repair: a case report. JA Clin Rep 7: 44, 2021.

 

Miyoshi H, Nakamura R, Kido H, Narasaki S, Watanabe T, Yokota M, Ishii T, Kato T, Saeki N, Tsutsumi YM. Impact of fentanyl on acute and chronic pain and its side effects when used with epidural analgesia after thoracic surgery in multimodal analgesia: a retrospective cohort study. Ann Palliat Med 10: 5119-5127, 2021.

 

Kamiya S, Nakamura R, Saeki N, Kondo T, Miyoshi H, Narasaki S, Morio A, Kawamoto M, Hirano H, Tsuji T, Tsutsumi YM. Prediction of blood pressure change during surgical incision under opioid analgesia using sympathetic response evoking threshold. Sci Rep 11: 9558, 2021.

 

Miyoshi H, Kato T, Nakamura R, Saeki N, Noda Y, Kamiya S, Morio A, Tsutsumi YM. Pharmacokinetics of intraperitoneal and subcutaneous levobupivacaine in anesthetized rats. J Anesth 35: 168-174, 2021.

 

Muneyasu T, Hirano H, Furui A, Soh Z, Nakamura R, Saeki N, Okada Y, Kawamoto M, Yoshizumi M, Yoshino A, Sasaoka T, Yamawaki S, Tsuji T. Cardiorespiratory synchronisation and systolic blood pressure correlation of peripheral arterial stiffness during endoscopic thoracic sympathectomy. Sci Rep 11: 5966, 2021.

 

Watanabe T, Miyoshi H, Noda Y, Narasaki S, Morio A, Toyota Y, Kimura H, Mukaida K, Yasuda T, Tsutsumi YM. Effects of remimazolam and propofol on Ca2+ regulation by ryanodine receptor 1 with malignant hyperthermia mutation. Biomed Res Int 8845129, 2021.

 

Tsuji T, Arikuni F, Sasaoka T, Suyama S, Akiyoshi T, Soh Z, Hirano H, Nakamura R, Saeki N, Kawamoto M, Yoshizumi M. Yoshino A, and Yamawaki S. Peripheral arterial stiffness during electrocutaneous stimulation is positively correlated with pain-related brain activity and subjective pain intensity: an fMRI study. Sci Rep 11: 4425, 2021.

 

Taguchi S, Saeki N, Morio A, Nakamura R, Kamiya S, Ikeda T, Oshita K, Hamada H, Miyata Y, Okada M, and Tsutsumi YM. Novel technique for identification of the pulmonary intersegmental plane using manual jet ventilation during pulmonary segmentectomy. Videosurgery Miniinv 16:169-174, 2021.

 

Inoue S, Miyoshi H, Hieda K, Hayashi T, Tsutsumi YM, Teishima J. Postoperative around-the-clock administration of intravenous acetaminophen for pain control following robot-assisted radical prostatectomy. Sci Rep 11: 5174, 2021.

 

Morio A, Tsutsumi R, Kondo T, Miyoshi H, Kato T, Narasaki S, Satomi S, Nakaya E, Kuroda M, Sakaue H, Kitamura T, Tsutsumi YM. Leucine induces cardioprotection in vitro by promoting mitochondrial function via mTOR and Opa-1 signaling. Nutr Metab Cardiovasc Dis 31: 2979-2986, 2021.

 

Miyoshi H, Nakamura R, Noda Y, Kimura H, Watanabe T, Narasaki S, Kamiya S, Morio A, Toyota Y, Saeki N, Tsutsumi YM. Relationship between the loaded pressure and flow rate of packed red blood cells and various infusion solutions in normal infusion lines and catheters. Anesth Analg 133: 1107-1115, 2021.

 

Miyoshi M, Nakamura R, Noda Y, Yokomi H, Kamiya S, Morio A, Watanabe T, Narasaki S, Toyota Y, Saeki N, Hamada H, Tsutsumi YM. Intravenous patient-controlled analgesia does not increase the risk of postoperative delirium compared to patient-controlled epidural analgesia: a propensity score-matched retrospective cohort study. Ann Palliat Med 10: 10160-10169, 2021.

 

Morio A, Tsutsumi R, Satomi S, Kondo T, Miyoshi M, Kato T, Kuroda M, Kitamura T, Hara K, Saeki N, Sakaue H, and Tsutsumi YM. Leucine imparts cardioprotective effects by enhancing mTOR activity and mitochondrial fusion in a myocardial ischemia/reperfusion injury murine model. Diabetol Metab Syndr 13: 39, 2021

 

Taguchi S, Niinai H, Oshita K, Nakamura R, Hamada H, Tsutsumi YM. Femoral nerve paralysis induced by herpes zoster manifested after pain reduction: a case report. 『日本ペインクリニック学会誌』 28: 35-38, 2021.

 

Kamiya S, Nakamura R, Saeki N, Tsutsumi YM. Paradoxical increase in the photoplethysmography amplitude in response to nociceptive stimulation induced by tracheal intubation: A case report. J Med Invest 68: 383-385, 2021.

 

釈舎和子、加藤貴大、神谷諭史、堤保夫「喉頭浮腫により脳腫瘍摘出術後の抜管に難渋した1例」『ICUとCCU』45: 357-361, 2021

 

佐伯昇、中村隆治、神谷諭史、岡田芳幸、吉栖正生、辻敏夫、河本昌志、堤保夫「侵害刺激と血管:血管弾性研究で分かったこと」『麻酔・集中治療とテクノロジー』2021: 63-68, 2021

 

森脇克行、大下恭子、堤保夫「ICD-11時代のペインクリニック―国際疼痛学会 (IASP) 慢性疼痛分類に学ぶ」『日本ペインクリニック学会誌』28: 91-99, 2021

 

片岡宏子、大下恭子、田口志麻、加藤貴大、濱田宏、堤保夫「肩関節手術後の持続斜角筋間ブロック中に肺塞栓を併発した1例」『日本臨床麻酔学会誌』41: 322-326, 2021

 

梶川洋子、田口志麻、加藤貴大、大下恭子、濱田宏、堤保夫「胆道閉鎖症手術後に超音波ガイド下傍脊椎ブロックを施行し術後早期の鎮痛を試みた新生児の1例」『日本臨床麻酔学会誌』41: 47-53, 2021

 

神谷諭史、釋舎和子、野田祐子、森尾篤、三好寛二、近藤隆志、中村隆治、堤保夫「ICU入室が腹部ステントグラフト内挿入術後患者の術後せん妄発症に与える影響」『Cardiovascular Anesthesia』25:13-19, 2021

 

釈舎和子、加藤貴大、神谷諭史、堤保夫「喉頭浮腫により脳腫瘍摘出術後の抜管に難渋した1例」『ICUとCCU』45: 357-361, 2021

 

池田豪、三好寛二、森尾篤、楢崎壮志、野田祐子、神谷諭史、近藤隆志、加藤貴大、堤保夫「腹部ステントグラフト内挿入後のType2エンドリークに対する開腹下の流入血管結紮・瘤縫縮術の麻酔経験」『Cardiovascular Anesthesia』25:89-93, 2021

研究費・助成金・賞など

科学研究費 基盤研究(C) 2021年度~2023年度 課題番号:21K08923

研究課題名:末梢血管の電気活動測定による手術中の侵害刺激評価方法の確立

研究代表者:佐伯昇

助成額合計:403万円

 

科学研究費 基盤研究(C) 2021年度~2023年度 課題番号:21K08996

研究課題名:エビデンスに基づくプロゲステロンとオキシトシンによる新たな鎮痛法の提唱

研究代表者:大下恭子

助成額合計338万円

 

科学研究費 基盤研究(C) 2021年度~2023年度 課題番号:21K08948

研究課題名:心肥大における細胞膜マイクロドメイン及び麻酔薬のエネルギー代謝に及ぼす影響

研究代表者:楢崎壮志

助成額合計:416万円

 

科学研究費 若手研究 2021年度~2022年度 課題番号:21K16560

研究課題名: プロポフォールの多角的作用機序の解析 ープロポフォール誘発副作用の解決に向けてー

研究代表者:卜部智晶

助成額合計:468万円

 

科学研究費 研究活動スタート支援 2021年度~2022年度 課題番号:21K20952

研究課題名:ダントロレンのミトコンドリア機能を介した心肥大抑制効果の解明

研究代表者:里見志帆

助成額合計:312万円

 

令和3年度日本救急医療財団助成金

研究課題名:救急車内での医療処置にともなう飛沫汚染のシミュレーションと防護対策方法の開発

研究代表者:田口志麻

助成額合計:49万円

 

広島県商工労働局、マスク等個人防護具等開発支援事業費補助金

事 業 概 要:飛沫防止カバーの製品化

企業:(株)エイチアールイー(佐伯昇

交付額:300万円

2021年1月23日に開催を予定しておりました「第66回広島麻酔医学会」は、中止とさせていただきます。
今年度は、日本麻酔科学会第67回学術集会をはじめ、多くの学会が中止・延期・Web開催となっております。このような状況をふまえ、今年度の広島麻酔医学会の中止を決定いたしました。

来年度の日本麻酔科学会第68回学術集会はハイブリット開催、広島が会長の支部学術集会はWeb開催が決定しております。コロナ禍での学会様式にも段々と順応してきつつあります。どのような開催様式になるか分かりませんが、来年度の広島麻酔医学会は必ず開催したいと思います。

皆様のご協力をよろしくお願いいたします。

 

第66回広島麻酔医学会会長 堤保夫